ボディターンの勘違い

現在のスイング理論はボディターンという概念の上に成り立っているといっても間違いではないと思います。
ところがあまりにもボディターンという言葉ばかりがひとり歩きしていることを宮里優氏は危惧しているようです。
宮里優氏は言います。
ボディターンということにとらわれすぎて、腕を振ることを忘れている人が多い」
ボディターンと言ってもフォローでクラブを天に向って突き出し大きく振りぬいていかなければ飛距離は出ないということのようです。
宮里優氏はインパクトで両腕を伸ばした状態を長くキープすることで大きなフォローがとれるというふうに述べています。
確かに宮里3兄弟のフォローは美しく伸び天に向って振りぬけていますよね。
体と腕がうまくシンクロすることで飛距離と方向を手に入れるようになれるのです。ボディターンという意味をもう一度考え直してみましょう。

その場でまわる

「ダウンスイングの鉄則」に引き続き、今回も体重移動の意識を持たずにその場でクルっとまわるというのが何故良いのか、宮里優氏の説明を要約してみようと思います。
ダウンの開始を左体重移動を意識して行なうとアマチュアの場合ほとんどが、まず、上体が突っ込んでしまいがちです。必要以上に上半身を揺さぶってしまうことになるのですね。
宮里優氏が言う「その場で回る意識」を持つことでこの部分を回避できます。極端に言えば右足の上でまわってしまい、左足に体重が移るのはフィニッシュでも良いくらいだということです。
実際、ハンマー投げの室伏選手などを見ても、遠心力をうまく使うために上半身はハンマーの飛行方向の逆に反っています。
ゴルフで言うところのクラブヘッドと自分のヘッドが引っ張り合うという現象が起きているわけですね。
宮里藍、聖志、優作の3兄弟もダウンスイングで体重を左足に移動させているという意識よりもその場で回ってしまう意識だと言います。体重移動の様子を計測できる機器で測るとしっかり左足に体重が移動しているので、そういったことから考えると体重移動を意識してしまうと上半身が動きすぎるということになるのかもしれません。宮里藍選手のスイング動画を見るとたしかにその場でまわっているように見えますが、分割スイング写真でチェックするとインパクト付近では体重はしっかりと左足に乗って、しかも頭はビハインドザボールが出来ています。これがヘッドを加速させるということなのだとよく理解できますね。

ダウンスイングの鉄則

ダウンスイングについて悩みを持つゴルファーはかなりの数にのぼります。
打ちっぱなしに行っても、実際のラウンド中でも切り返し以降のクラブの通り道を確認している光景をよく見かけます。
宮里優氏はダウンスイングについて、どのような見解を持っているのか興味深いのですが、藍さんをはじめ3兄弟にしっかり教えた事柄はまず「頭が前につっこんではいけない」ということだったようです。いわゆるビハインドザボールがゴルフにおけるダウンスイングの基本中の基本だということのようですね。そのためにどうするかと言うと「下半身から始動させるのが鉄則で、股ぐらをギュッとしめていくイメージをもつ」ということらしいです。こうすることでナチュラルな体重移動がおこなわれるのだと宮里優氏は言います。意識して体重を移動させようとすると頭や上半身から突っ込んでしまう場合が多く、これがスライスやスピン量の増大(吹き上がり)などにつながり、しかもパワーがボールに伝わらないため飛距離がでないという原因になっているようです。バックスイング、切り替えし、ダウンスイングという一連の動きがスムースに出来れば、グッドショットが打てる確率はかなり上がるといわれていますから、意識して練習したいものですね。ちなみに宮里優氏曰くダウンスイングはその場でクルっとまわる意識でちょうど良いとのことです。



テークバック その場で腰を回す

宮里藍プロをはじめ、宮里聖志、優作兄弟を育てたコーチの宮里優氏はテークバックで腰をスライドさせているゴルファーが多いという分析をしています。

スイングは上半身が2軸、下半身が1軸という捉えかたが宮里理論なのですが、腰は地面と平行にその場で回すということが出来ずに右方向へスライドさせてしまっている人がどうも多いようです。

これを解決する方法としてはお尻を飛行線に向って突き出すイメージで回すのが良いようですね。

実際にどのような動きになるのかをチェックするのに良い方法があります。それは右腰の横を机の縁に当てて立ち、テークバックを行って腰を回し、トップの形を作ったときに右腰と机の間に隙間が出来るというのが正しい腰の回転だということです。

宮里優氏は言います。

「腰をその場で回すことが出来ず右にスライドさせているから、アマチュアは腰の上に体重が乗らないのです」

これは左肩を下げながらテークバックしてしまう弊害なのです。テークバックで左肩を下げながら体を捻ってしまうと左脇に張りを感じるため、しっかりと体を回せているという勘違いをしてしまうのですが、これは全く意味のないことだということです。

十分な捻りが加えられるからこそパワーが蓄積され、飛距離に変わるということを理解している割に、実際のスイングではそれが実践できていないことが多いという事実。

「自分は大丈夫」と思わずに、先ほどの机をつかったチェックを一度してみてください。

それがコースで出来るようになれば藍ちゃんのようにドライバーで260ヤードに近づくかもしれませんね。

>> クラチャン製造機ゴルフメソッド <<

高く構える

宮里藍プロの父親でありコーチである宮里優氏。
氏の卓越したゴルフ理論は兄弟3人を一流プロに育て上げ、赤堀奈々、原江里菜といったニューカマーのほかに実力のあるジュニアをどんどん育成しています。

今回は、宮里優氏のスイング理論の中から、アドレスについて言及されている部分を検証してみたいと思います。

宮里3兄弟(聖志、優作、藍)に共通するアドレスと言えばやはり背中がスっと伸びた高い構えではないでしょうか。

彼らがこういうすばらしいアドレスをとっているのには訳があります。それはコーチである宮里優氏が
「高く構えなさい」
と教えているからで、
「上半身の姿勢は高いほうが良い。頭もスっとあげ目の玉だけを下にむけボールを見る」
というふうにもレクチャーしていることに起因します。

宮里優氏はこれを「下目使いで見る」と表現していますが、ゴルフに限らず、人間は調子が悪いと屈んでしまい背中が丸くなりやすいもの。逆に自信満々のときや調子が良いときは自然と胸を張って背筋が伸びるものなのです。ですからその状態を自ら作る、すなわち「下目使いでボールを見る」というのはすごく論理的な方法なのですね。

スイングを複雑にしないために、宮里優氏はこうも言います。
「本来は背骨から頭のてっぺんまで一直線の軸を作りたい。”くの字”になって良いのは上半身を前傾させたときに出来るお尻を頂点にした”くの字”と、膝を軽く曲げたときに出来る小さな”くの字”の2つ。首を下に曲げて出来る”くの字”は不必要」

確かに美しいスイング、すばらしいショットのベースになるのはアドレスだといわれます。
あのジャックニクラウスも
「ショットの成功か否かはアドレスで8割以上決定される」
と言っています。
そして実際にアドレス姿が教科書どおりの選手はグッドショットを放つ確率が高いものです。逆にどれだけパワーがあってもアドレスが悪いプレーヤーは飛距離も伸びませんし方向も定まりません。そのアドレスの基本〜良いアドレスをとる方法〜のひとつが「背骨から頭のてっぺんまで一直線の軸を作る」ことであり「下目使いに見る」ということなのだと思われます。

宮里藍選手が身長155cmそこそこで260ヤードをドライバーで放ち、スピンの効いたミドルアイアンを打てる要因はすくなからずあのスっとしたアドレスにあることは疑いようの無い事実なのだと思います。

「高く構える」という表現は宮里優氏がよく使いますが、この言葉を覚えておき、練習場で、ティーグランドで反芻することでグッドショットの確率はたかまっていくかもしれません。

宮里藍選手よりも身長のある男性なら少なくとも240ヤードのドライバーショットも夢」ではないということも言えると思います。
是非、宮里優氏の言う「高く構える」「下目使いに見る」を実践してみてください。

テークバックはゆっくり

ゴルフスイングにおけるテークバックに対して、日本のアマチュアゴルファーは異常に固執する傾向にあるようです。

フォローサイドに比べて、論議される機会もかなり多いように見受けられますし、一種、独特の現象なのかもしれません。


さて、宮里藍プロをはじめ宮里家では、ゆっくりとしたテークバックを行っていますがどんな理由があるんでしょうか?


今回は、テークバックのスピードについて宮里優氏がどのようにとらえているのか?について考えてみたいと思います。



宮里藍、聖志、優作の宮里3兄弟はそろってゆっくりとしたテークバックが印象的です。

3兄弟の父親でありコーチである宮里優氏は

「ゆっくりテークバックしたほうが元に戻す作業がしやすい。つまり芯でボールをヒットしやすい」

と述べています。

例えば、金槌で釘を打つときのことを思い出してみてください。

早いスピードで振りかぶって、釘を綺麗に打てるでしょうか?

答えは「NO」ですよね?

ゆっくりと金槌をふりあげてから釘を打ち込むと言う動作を無意識にしていることに気づくはずです。要するに、そのほうが金槌の芯でしっかり釘を打ちぬけることをあなたは知っているということなんです。


テークバックをゆっくりあげるメリットは他にもあるようです。

それは

「ゆっくりバックスイングしたほうが、腰のリードでダウンスイングを行いやすい」

だと宮里優氏は説きます。

上半身がゆっくりとまわっていないと、回転が不十分のままダウンスイングに入ってしまいがちなのでタメが浅くなりやすいということのようです。

ボールを遠くに飛ばすためには「タメ」が重要だと宮里優氏は何度も口にしてきていますが、まさに、そのタメが作れないテークバックは飛距離を出せないということに繋がります。

宮里藍選手も

「ゆっくりバックスイングできたときほど調子が良いし、球も飛ぶ」

とコメントしているように、飛距離を求めるアマチュアゴルファーには、このポイントはぜひとも押さえておきたいですね。


宮里優氏は「筋力のある男子プロの場合はバックスイングを速く行ってもヘッドをちゃんと元に戻すことは可能で、距離も出せるが、トレーニングもほとんど行わないアマチュアは真似しないほうが無難」と言っています。


ゴジラ松井選手のような特大ホームランは打てないということを認識してる人がほとんどなのに、ゴルフに関してはプロ並の飛距離をだせると信じているのは不思議な現象ですね。

自分の実力を知り、その中でどうやって改善していくのかを冷静になって判断するのが上達への近道だと思うのですが、いかがでしょうか?

あなたが身長154cm以上あるのに、ドライバーで260ヤード飛ばないなら、参考にするのは、聖志プロ、優作プロではなく宮里藍プロが良いですね。

宮里優スイング理論集

>> クラチャン製造機ゴルフメソッド <<


グリップする位置

宮里藍プロの父親でありコーチでもある宮里優氏。

この「宮里優スイング理論」のカテゴリーでは、宮里藍、聖志、勇作という3兄弟を一流プロに育て上げた宮里優氏の理論について考察していきたいと思います。


今回は

「グリップする位置」についてです。


アマチュアゴルファーの多くが「飛ばす」ということに心を奪われ、「ボールをターゲットに運ぶ」という重要さを失念しているようです。

飛ばしだけに執心したいのであれば、ドラコン競技というものがあるのでそちらに参加すればいいのです。

ゴルフはあくまで、1打でも少ない打数でホールアウトするのを競う競技であることを忘れないでほしいものです。


さて、グリップをどのような位置で握るか?ということですが、宮里優氏は

「小指側の人差し指1本分のスペースをあけるべき」

だと説いています。


宮里藍プロも、グリップエンドぎりぎりを持つ癖があったそうですが、これには以下のような弊害があります。

・ヘッドがぐらついて、入射角やフェース面が安定しない

入射角が安定しないということは、スピン量も安定しないことになります。そうなると一定の距離を打ち分けたいアイアンショットが不安定になり、ひいてはパーオン率もさがることになります。

フェース面が安定しないということも同様に、左右にぶれるショットを打ってしまいがちになるということに繋がります。

フェース面が1度ずれることで300ヤード先では7ヤードずれると言われていますから、その誤差たるやすごいことになってしまうわけです。

宮里藍プロでさえ長く握ることで多くの弊害を生むことに気づき、人差し指1本分短く持つようになってから、ショットの安定性が向上しただけでなく、距離も逆に伸びたということですから、いかに長く握ることが無意味なことかがよく分かりますね。


人差し指1本分短くグリップすることで、格段にミート率が上がります。

飛距離をだすためには、スイートスポットでボールを捉えるということは大前提ですから、ただでさえ芯を外すことが多いアマチュアゴルファーが短くグリップしたほうがベターなことは言うまでもありませんね。

ちなみに、宮里藍プロが人差し指1本分短くグリップするために取り入れたルーティンはアニカソレンスタム選手がやっていた方法を真似たようです。


その方法はこうです。

1:まず左手をグリップする

2:左手の小指の側面(グリップエンド側)に右手の人差し指を添える

3:人差し指分短く握れた状態で右手のグリップを決める


たったこれだけです。


宮里藍プロに宮里優氏が注意した点はもうひとつあって、上記のルーティンを行う場合は、

「両肩のラインと地面とを水平にしてから姿勢を正し、両腕をダラリと下に垂らした状態で行う」

これを必ず実行するということです。


宮里藍プロがアニカソレンスタムという世界一のプレーヤーを観察することで、宮里優氏のコーチングへの信頼度を増すということ、それが自身のプレイに反映されるということを身を持って体験しているのだと思います。

みなさんも頭をやわらかくして、いいショットが打てないことを嘆くより、こういった簡単に実行できる方法を試してみてはいかがでしょうか。

宮里藍プロでも大きく結果が変わったのです。

あなたなら、もっと劇的な変化が表れるかもしれませんよ。

宮里優スイング理論集



>> クラチャン製造機ゴルフメソッド <<


さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ