ボディターンの勘違い

現在のスイング理論はボディターンという概念の上に成り立っているといっても間違いではないと思います。
ところがあまりにもボディターンという言葉ばかりがひとり歩きしていることを宮里優氏は危惧しているようです。
宮里優氏は言います。
ボディターンということにとらわれすぎて、腕を振ることを忘れている人が多い」
ボディターンと言ってもフォローでクラブを天に向って突き出し大きく振りぬいていかなければ飛距離は出ないということのようです。
宮里優氏はインパクトで両腕を伸ばした状態を長くキープすることで大きなフォローがとれるというふうに述べています。
確かに宮里3兄弟のフォローは美しく伸び天に向って振りぬけていますよね。
体と腕がうまくシンクロすることで飛距離と方向を手に入れるようになれるのです。ボディターンという意味をもう一度考え直してみましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5103922

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ