その場でまわる

「ダウンスイングの鉄則」に引き続き、今回も体重移動の意識を持たずにその場でクルっとまわるというのが何故良いのか、宮里優氏の説明を要約してみようと思います。
ダウンの開始を左体重移動を意識して行なうとアマチュアの場合ほとんどが、まず、上体が突っ込んでしまいがちです。必要以上に上半身を揺さぶってしまうことになるのですね。
宮里優氏が言う「その場で回る意識」を持つことでこの部分を回避できます。極端に言えば右足の上でまわってしまい、左足に体重が移るのはフィニッシュでも良いくらいだということです。
実際、ハンマー投げの室伏選手などを見ても、遠心力をうまく使うために上半身はハンマーの飛行方向の逆に反っています。
ゴルフで言うところのクラブヘッドと自分のヘッドが引っ張り合うという現象が起きているわけですね。
宮里藍、聖志、優作の3兄弟もダウンスイングで体重を左足に移動させているという意識よりもその場で回ってしまう意識だと言います。体重移動の様子を計測できる機器で測るとしっかり左足に体重が移動しているので、そういったことから考えると体重移動を意識してしまうと上半身が動きすぎるということになるのかもしれません。宮里藍選手のスイング動画を見るとたしかにその場でまわっているように見えますが、分割スイング写真でチェックするとインパクト付近では体重はしっかりと左足に乗って、しかも頭はビハインドザボールが出来ています。これがヘッドを加速させるということなのだとよく理解できますね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4944441

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ