大谷奈千代選手

クリスタルガイザーレディースが千葉・京葉CC(6400ヤード、パー72、賞金総額6000万円)で開催されています。
最近の女子ツアーは次々とニューカマーが登場し、まさに群雄割拠といった様相を呈していますが、今大会にもあらわれました。
大谷奈千代選手その人です。
大谷奈千代選手は滝川第二高校卒業後、山口福祉文化大学に入学し現在は学生プロとして活躍しています。
神戸の六甲国際ゴルフ倶楽部のメンバーでもある大谷奈千代選手を、10代の頃からゴルフ場内の練習場内でよく練習しているのを見かけましたが、奥田靖己プロに師事しだしたあたりからスイング自体がかなり変化していきました。江連忠ゴルフアカデミーがあるゴルフ場にもかかわらず、自分の信じる道を進むというのはなかなかできることではないと思いますし、逆にその頑固さがプロで成功するのには必要なのかもしれません。
大谷奈千代選手はジュニア時代から活躍していたので、現在の若手有望選手とも親交があるようで、とくに2004年の雨の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技(ベスト32)では自分が敗退した後、勝ち残っている飯島茜選手のクラブを拭いてあげたりしてる姿が印象に残っています。
大谷なちよ選手は2006年度のドライビングコンテストでは15位入賞したり、アラブ首長国連邦・ドバイのエミレーツGC(パー72)で開催された欧州女子ゴルフツアーのドバイ・レディース・マスターズでは13位にはいったり(優勝はアニカソレンスタム)と、着実に力をつけてきています。
大谷奈千代プロはKappaのウェアを着用していますが、ゴルフ選手としては珍しいですね。
クラブ契約の有無は確認出来ていないのですが、ダンロップのくクラブを使用しているようです。
大谷奈千代プロはボールマーカーの台座(だったと思う)に「Kit Kat」を使用し「きっと勝つ!」を合言葉にしているようですね。
ちなみに某クラフトマンは大谷なちよ選手のことを「なっち大谷」とよんでいました(笑)

「大谷奈千代選手 クラブセッティング」へ




大谷奈千代プロ
・1984年6月22日生まれ
・得意クラブ:パター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4924974

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ