ダウンスイングの鉄則

ダウンスイングについて悩みを持つゴルファーはかなりの数にのぼります。
打ちっぱなしに行っても、実際のラウンド中でも切り返し以降のクラブの通り道を確認している光景をよく見かけます。
宮里優氏はダウンスイングについて、どのような見解を持っているのか興味深いのですが、藍さんをはじめ3兄弟にしっかり教えた事柄はまず「頭が前につっこんではいけない」ということだったようです。いわゆるビハインドザボールがゴルフにおけるダウンスイングの基本中の基本だということのようですね。そのためにどうするかと言うと「下半身から始動させるのが鉄則で、股ぐらをギュッとしめていくイメージをもつ」ということらしいです。こうすることでナチュラルな体重移動がおこなわれるのだと宮里優氏は言います。意識して体重を移動させようとすると頭や上半身から突っ込んでしまう場合が多く、これがスライスやスピン量の増大(吹き上がり)などにつながり、しかもパワーがボールに伝わらないため飛距離がでないという原因になっているようです。バックスイング、切り替えし、ダウンスイングという一連の動きがスムースに出来れば、グッドショットが打てる確率はかなり上がるといわれていますから、意識して練習したいものですね。ちなみに宮里優氏曰くダウンスイングはその場でクルっとまわる意識でちょうど良いとのことです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4885590

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ