テークバック その場で腰を回す

宮里藍プロをはじめ、宮里聖志、優作兄弟を育てたコーチの宮里優氏はテークバックで腰をスライドさせているゴルファーが多いという分析をしています。

スイングは上半身が2軸、下半身が1軸という捉えかたが宮里理論なのですが、腰は地面と平行にその場で回すということが出来ずに右方向へスライドさせてしまっている人がどうも多いようです。

これを解決する方法としてはお尻を飛行線に向って突き出すイメージで回すのが良いようですね。

実際にどのような動きになるのかをチェックするのに良い方法があります。それは右腰の横を机の縁に当てて立ち、テークバックを行って腰を回し、トップの形を作ったときに右腰と机の間に隙間が出来るというのが正しい腰の回転だということです。

宮里優氏は言います。

「腰をその場で回すことが出来ず右にスライドさせているから、アマチュアは腰の上に体重が乗らないのです」

これは左肩を下げながらテークバックしてしまう弊害なのです。テークバックで左肩を下げながら体を捻ってしまうと左脇に張りを感じるため、しっかりと体を回せているという勘違いをしてしまうのですが、これは全く意味のないことだということです。

十分な捻りが加えられるからこそパワーが蓄積され、飛距離に変わるということを理解している割に、実際のスイングではそれが実践できていないことが多いという事実。

「自分は大丈夫」と思わずに、先ほどの机をつかったチェックを一度してみてください。

それがコースで出来るようになれば藍ちゃんのようにドライバーで260ヤードに近づくかもしれませんね。

>> クラチャン製造機ゴルフメソッド <<

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4674626

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ