女子ゴルフについて その2

その1の続き。
国内 女子 ゴルフに限らずアメリカ 女子 ゴルフもすばらしいプレーヤーが増えています。日本では若手の台頭が著しいのですがアメリカも同じような状況でしょうか。例えばポーラクリーマーなどはその最たる例だと思います。さらに日本女子ゴルフツアーと米国 女子 ゴルフの共通点は他にもあります。
何だとお考えですか?
それは、韓国女子ゴルフプロの躍進が答えのひとつになると思います。アメリカでもパクセリ以降と以前という区分けが出来ると思うのですが
「彼女に出来るなら私にも出来る」というモチベーションはすごいですね。
日韓女子ゴルフ対抗戦でも日本チームは韓国チームに負け続けていますし、アメリカでもシード選手は韓国勢が一大勢力となっています。恐るべし韓国女子ゴルフ。
日本のプレーヤーもどんどん良い選手が現れてきていますね。
女子ゴルフ名鑑のようなものを見てみると一目瞭然です。
宮里藍を筆頭に上田桃子、藤田幸希、女子ゴルフの滝浪愛、佐伯 三貴。さらに鈴木舞子、金田久美子、ホールインワン女子ゴルファー千春 。
ベテラン勢では木村 敏美、女子ゴルフ白戸由香。
他にも宅島美香、原江里菜、青山香織、大山志保、不動裕理、横峰さくら、古閑美保。辻村明日香、女子ゴルフ北田などあげればきりがありませんね。
こういったベテラン、ヤングガンズ織り交ぜて女子ゴルフlpgaツアーは行われるのですが女子ゴルフランキングを見てると非常におもしろいものです。
もう何年もプロでやってるのもかかわらず優勝がない人。
デビューしてから最年少で、もしくは最短でといった優勝記録を作る人。
高校女子ゴルフ部、大学女子ゴルフを通じてプロになった人。
OLから転身してきた人。他のスポーツからやってきた人。
ホントさまざまな人が日本女子ゴルフに参戦してきています。
こういった一種のメルティングポット的な要素が女子 プロ ゴルフで見られるのが人気のひとつであるのは間違いないと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4585234

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ