2007 第62回全米女子オープン

パインニードルスL&G.C.(ドナルド・ロス設計)で行われている代62回全米女子オープンですが、悪天候になやまされているようですね。大会3日目は雷雨によるサスペンデッドで順延された2ndラウンドを朝からまわる形になったようですが、なんとか天候ももちこたえてくれたようです。

宮里藍選手、横峰さくら選手とも決勝ラウンドへ進出しました。
2人とも1日で36ホールをラウンドすることになったのですが、まず宮里藍選手。

初日はトップと5打差、2オーバーでした。2ndラウンドはインスタートでボギーを3つ叩き、スコアを5オーバーまで落としてしまったあと後半へ。アウト1番でようやくバーディを奪うもののトータル4オーバー、35位タイで決勝ラウンドへ進出しました。
決勝にはいっての3rdラウンドでは、イーブンパーでトータル4オーバー、暫定27位タイに順位を上げてきましたが、残り5ホールを残して日没サスペンデッドという結果です。
一方 横峯さくら選手ですが、2ndラウンド1番でいきなりイーグルスタート。一時は6位タイまで浮上してトータル1オーバー、首位と6打差の11位タイで2ndラウンドをホールアウトしました。
決勝に入って、3rdラウンドのスタートホールの1番でバーディ。その後は、思うようにパッティングが決まらず、残り5ホールを残してトータル3オーバー、暫定20位タイで日没サスペンデッドでした。

日本選手の中で大山志保選手がトップを走っています。
1stラウンドを終えて2アンダー。まずは2ndラウンドはトップと5打差、イーブンパーの6位タイで決勝ラウンド進出を決めました。3rdラウンドでも好調は続くきトータル1アンダーで暫定7位タイとベスト10に入っています。トップと4打差という好位置につけていますから、ひょっとするとひょっとするかもしれませんね。

[3rdラウンド結果〜暫定〜]

1位 -5 J.シン 10H −
2位 -4 C.カー 13H −
-4 L.オチョア 11H −
-4 A.パーク 10H −
5位 -3 M.プレッセル 11H −
6位 -2 J.グラナダ 11H −
7位 -1 J.M.キム 13H −
-1 J.Y.リー 12H −
-1 大山志保 11H −
-1 A.ハン 10H −

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4549387

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ