福嶋晃子選手 クラブセッティング

群馬県の小幡郷ゴルフクラブで行われていた「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」(2007/06/29 - 07/01)
福嶋晃子選手が-10で優勝しました。
腰痛を乗り越えての復活優勝です。

福嶋晃子選手は10歳からゴルフを始めます。そのきっかけは小学四年の夏休みでした。高校野球中継を見ながら、父の久晃氏に「大きくなったらプロ野球の選手になる。」と話しかけ「女の子はなれないんだよ。」と玄関先のゴルフクラブを与えられたことがゴルフとの出会いだったのです。
男子なみの飛距離を武器にアマチュア時代には28個のタイトルを獲得。(1988年「関東ジュニアゴルフ選手権」、1992年の全米女子オープン29位など)その後の1992年8月のプロテストに合格。1994年の「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で女子ゴルフツアー公式戦に初優勝。1996年と1997年には2年連続で賞金女王に輝きました。

1998年には年間2勝を挙げたものの3年連続の賞金女王を逃しその後、USLPGAの「クオリファイイング・スクール」を5位で通過し、1999年からアメリカツアーに参戦。同年いきなり「フィリップス・インビテーショナル」と「AFLACチャンピオンズ」に優勝し、年間2勝をあげます。2002年3月にクラフト・ナビスコ選手権で5位とし、女子メジャー大会の自己最高成績を記録。2005年シーズンは日本女子ツアーのみに試合を制限。アメリカツアーを離れることになります。宮里藍ブームに沸く日本女子ツアーでベテランらしいプレイを魅せ、現在にいたります。
父親は横浜大洋ホエールズ、広島東洋カープで活躍した捕手・福嶋久晃氏。

今回は、日本の女子プロゴルフ界のビッグネーム、福嶋晃子選手のクラブセッティングをご紹介します(2007/6末時点)


1W:テーラーメードr7-425TP
  10,5°RE-AX-TP64(S)43,5インチ D0

FW:テーラーメードr7st(13°)
   ツアーAD PT-6(S)

UT:ミズノ MPフライハイ(18°21°)
NSプロ850GH (S)

4I-PW:ミズノJPX E301 NSプロ950GH(S)

ウェッジ:テーラーメード ラックTP
     (52度,58度)     

パター:オデッセイ ホワイトホットXG ロッシー

ボール:テーラーメードTPレッド

ウェア:カッター&バック

[福嶋晃子プロ プロフィール]

・出身地:神奈川県横浜市
・生年月日:1973年6月29日
・身長:163 cm
・体重:65 kg
・血液型:O 型
・出身校:私立白鵬女子高等学校(神奈川県)
・プロ入会:1992年( 64 期生 )
・コーチ:林由郎

[福嶋晃子プロ 戦歴]
[2006年]
・マンシングウェアレディース東海クラシック 優勝
・樋口久子IDC大塚家具レディス 優勝
・スタジオアリス女子オープン 2位
・We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフ 2位タイ
・ライフカードレディスゴルフトーナメント 3位
・マスターズGCレディース 3位
・カトキチクイーンズゴルフトーナメント 3位タイ
・新キャタピラー三菱レディース 3位タイ
・ベルーナレディースカップゴルフトーナメント 4位タイ
・NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 5位タイ
[2005年]
・フジサンケイレディスクラシック 2位
・ヴァーナルレディース 2位
・リゾートトラストレディス 2位
・新キャタピラー三菱レディース 5位タイ
・中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 8位
[2004年]
・シャトレーゼクイーンズカップ 優勝
[2003年]
・NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 優勝
[2002年]
・NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 優勝
[2000年]
・那須小川レディスプロゴルフトーナメント 優勝
[1998年]
・ゴルフ5レディス 優勝
・ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 優勝
[1997年]
・三菱電機レディスゴルフトーナメント 優勝
・ゴルフ5レディス 優勝
・日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯 優勝
・雪印レディース東海クラシック 優勝
・廣済堂レディスゴルフカップ 優勝
・JLPGA明治乳業カップ 優勝
[1996年]
・NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 優勝
・富士通レディース 優勝
[1995年]
・サタケジャパンクラシック・広島女子オープンゴルフ 優勝
・ヤクルトレディースゴルフトーナメント 優勝
[1994年]
・ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 優勝
[対象外]
・1993年 健勝苑レディス・道後 優勝
・1992年 ミズノプロ新人 優勝

[福嶋晃子プロ 各賞受賞歴]
・1999LPGA敢闘賞
・1998平均ストローク第1位 パーオン率第1位 平均パット数第1位 
・1997最優秀選手賞 獲得賞金第1位 平均ストローク第1位 パーセーブ率第1位 パーオン率第1位 平均パット数第1位
・1996最優秀選手賞 獲得賞金第1位 平均ストローク第1位 平均パット数第1位 イーグル数第1位
・1995パーオン率第1位
・1994平均ストローク第1位 イーグル数第1位 バーディ数第1位
・1993最優秀新人賞 日本プロスポーツ新人賞

使用クラブメーカーもマルマン、ミズノ、テーラーメードと変遷がありますがドライバーでの圧倒的な飛距離とサンドウェッジでのアプローチはどの時代もすばらしく、この技術が福嶋選手の生命線だと言えるかもしれません。
ヤングジェネレーションの台頭が著しい日本女子ツアーですが、ベテランの技をまだまだ見せていって欲しいですね。

その他の選手のクラブセッテイング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4548619

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ