テークバックはゆっくり

ゴルフスイングにおけるテークバックに対して、日本のアマチュアゴルファーは異常に固執する傾向にあるようです。

フォローサイドに比べて、論議される機会もかなり多いように見受けられますし、一種、独特の現象なのかもしれません。


さて、宮里藍プロをはじめ宮里家では、ゆっくりとしたテークバックを行っていますがどんな理由があるんでしょうか?


今回は、テークバックのスピードについて宮里優氏がどのようにとらえているのか?について考えてみたいと思います。



宮里藍、聖志、優作の宮里3兄弟はそろってゆっくりとしたテークバックが印象的です。

3兄弟の父親でありコーチである宮里優氏は

「ゆっくりテークバックしたほうが元に戻す作業がしやすい。つまり芯でボールをヒットしやすい」

と述べています。

例えば、金槌で釘を打つときのことを思い出してみてください。

早いスピードで振りかぶって、釘を綺麗に打てるでしょうか?

答えは「NO」ですよね?

ゆっくりと金槌をふりあげてから釘を打ち込むと言う動作を無意識にしていることに気づくはずです。要するに、そのほうが金槌の芯でしっかり釘を打ちぬけることをあなたは知っているということなんです。


テークバックをゆっくりあげるメリットは他にもあるようです。

それは

「ゆっくりバックスイングしたほうが、腰のリードでダウンスイングを行いやすい」

だと宮里優氏は説きます。

上半身がゆっくりとまわっていないと、回転が不十分のままダウンスイングに入ってしまいがちなのでタメが浅くなりやすいということのようです。

ボールを遠くに飛ばすためには「タメ」が重要だと宮里優氏は何度も口にしてきていますが、まさに、そのタメが作れないテークバックは飛距離を出せないということに繋がります。

宮里藍選手も

「ゆっくりバックスイングできたときほど調子が良いし、球も飛ぶ」

とコメントしているように、飛距離を求めるアマチュアゴルファーには、このポイントはぜひとも押さえておきたいですね。


宮里優氏は「筋力のある男子プロの場合はバックスイングを速く行ってもヘッドをちゃんと元に戻すことは可能で、距離も出せるが、トレーニングもほとんど行わないアマチュアは真似しないほうが無難」と言っています。


ゴジラ松井選手のような特大ホームランは打てないということを認識してる人がほとんどなのに、ゴルフに関してはプロ並の飛距離をだせると信じているのは不思議な現象ですね。

自分の実力を知り、その中でどうやって改善していくのかを冷静になって判断するのが上達への近道だと思うのですが、いかがでしょうか?

あなたが身長154cm以上あるのに、ドライバーで260ヤード飛ばないなら、参考にするのは、聖志プロ、優作プロではなく宮里藍プロが良いですね。

宮里優スイング理論集

>> クラチャン製造機ゴルフメソッド <<


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4465501

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ