宮里藍 トーナメント優勝

ウェグマンズ(Wegmans LPGA)2日目の結果

第2R:71(-1) 通算0 19位タイ

昨日の日記にも書いたのですが、やはり2ラウンド目はアンダーがでたようですね。
宮里藍選手自身の順位も30位以上のジャンプアップです。

上位陣の調子にもよるでしょうが、明日は2つか3つ潜ることも十分可能でしょうから、さらに上位が期待できそうです。
(トップは-7の金美賢(キム・ミヒョン)選手とキム・インキュン選手)

さて今回は、宮里藍選手が日本女子ツアーで優勝したトーナメントをご紹介してみたいと思います。


[宮里藍 トーナメント優勝]

[2006年]

・日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
・ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

[2005年]

・ヴァーナルレディース
・中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン
・新キャタピラー三菱レディース
・日本女子オープンゴルフ選手権競技
・樋口久子IDC大塚家具レディス
・大王製紙エリエールレディスオープン

[2004年]

・ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
・We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフ
・アピタ・サークルK・サンクスレディス
・マスターズGCレディース
・大王製紙エリエールレディスオープン


こうして宮里藍選手の優勝歴をならべてみると、あらためてすごさを感じますね。

先日22歳を迎えたばかりの宮里藍選手。

ということは、21歳までに実に13勝(アマ時代を加えると14勝)しているということになるわけです。

いやぁ、すさまじい!

ちょっと手元に資料がないのですが、タイガーウッズがプロデビューしてから13勝あげるのにかかった期間はどれくらいなんでしょうか?調べてみてもおもしろいかもしれませんね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4459620

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ