グリップする位置

宮里藍プロの父親でありコーチでもある宮里優氏。

この「宮里優スイング理論」のカテゴリーでは、宮里藍、聖志、勇作という3兄弟を一流プロに育て上げた宮里優氏の理論について考察していきたいと思います。


今回は

「グリップする位置」についてです。


アマチュアゴルファーの多くが「飛ばす」ということに心を奪われ、「ボールをターゲットに運ぶ」という重要さを失念しているようです。

飛ばしだけに執心したいのであれば、ドラコン競技というものがあるのでそちらに参加すればいいのです。

ゴルフはあくまで、1打でも少ない打数でホールアウトするのを競う競技であることを忘れないでほしいものです。


さて、グリップをどのような位置で握るか?ということですが、宮里優氏は

「小指側の人差し指1本分のスペースをあけるべき」

だと説いています。


宮里藍プロも、グリップエンドぎりぎりを持つ癖があったそうですが、これには以下のような弊害があります。

・ヘッドがぐらついて、入射角やフェース面が安定しない

入射角が安定しないということは、スピン量も安定しないことになります。そうなると一定の距離を打ち分けたいアイアンショットが不安定になり、ひいてはパーオン率もさがることになります。

フェース面が安定しないということも同様に、左右にぶれるショットを打ってしまいがちになるということに繋がります。

フェース面が1度ずれることで300ヤード先では7ヤードずれると言われていますから、その誤差たるやすごいことになってしまうわけです。

宮里藍プロでさえ長く握ることで多くの弊害を生むことに気づき、人差し指1本分短く持つようになってから、ショットの安定性が向上しただけでなく、距離も逆に伸びたということですから、いかに長く握ることが無意味なことかがよく分かりますね。


人差し指1本分短くグリップすることで、格段にミート率が上がります。

飛距離をだすためには、スイートスポットでボールを捉えるということは大前提ですから、ただでさえ芯を外すことが多いアマチュアゴルファーが短くグリップしたほうがベターなことは言うまでもありませんね。

ちなみに、宮里藍プロが人差し指1本分短くグリップするために取り入れたルーティンはアニカソレンスタム選手がやっていた方法を真似たようです。


その方法はこうです。

1:まず左手をグリップする

2:左手の小指の側面(グリップエンド側)に右手の人差し指を添える

3:人差し指分短く握れた状態で右手のグリップを決める


たったこれだけです。


宮里藍プロに宮里優氏が注意した点はもうひとつあって、上記のルーティンを行う場合は、

「両肩のラインと地面とを水平にしてから姿勢を正し、両腕をダラリと下に垂らした状態で行う」

これを必ず実行するということです。


宮里藍プロがアニカソレンスタムという世界一のプレーヤーを観察することで、宮里優氏のコーチングへの信頼度を増すということ、それが自身のプレイに反映されるということを身を持って体験しているのだと思います。

みなさんも頭をやわらかくして、いいショットが打てないことを嘆くより、こういった簡単に実行できる方法を試してみてはいかがでしょうか。

宮里藍プロでも大きく結果が変わったのです。

あなたなら、もっと劇的な変化が表れるかもしれませんよ。

宮里優スイング理論集



>> クラチャン製造機ゴルフメソッド <<


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4437139

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ