大山志保使用クラブ

2006年度の賞金女王で、不動裕理、古閑美保と同じく清元門下生であった大山志保ですが、現在は日本人初の英国PGAディプロマを取得し、デビッド・デュバル・ゴルフアカデミーのヘッドティーチングプロである鶴見功樹氏にコーチングを受けています。

6月15日から17日に美浦GCでおこなわれた「ニチレイPGMレディース」に優勝し、今シーズンも一気に波に乗る可能性がでてきた大山志保。

今回は大山志保のクラブセッティングをご紹介したいと思います。

1W:キャロウェイFT-5(ニュートラル)
  9,5°フジクラフィットオン360(R)45,5インチ D2

FW:テーラーメード200スチール(15°18°)TM200(S)

UT:テーラーメード レスキューデュアル(19° 22°)
グラファイトデザイン レッドGJ07(S)

5I-PW:ミズノMX-23 NSプロ850GH(S)

ウェッジ:51度ーヤマモトプロ・ブルーパワー
     58度ークリーブランドCG10

パター:オデッセイ ロッシーU(現在は変更している模様)

ボール:タイトリスト NEW Pro V1x

ウェア:23区スポーツ


宮里藍プロが秋頃に日本ツアーに参戦する可能性も高いですから、それまでに大山選手も勝ち星を重ねておきたいでしょうね。
なんと言っても4戦2勝とか平気でしてしまう宮里藍選手ですから・・・

その他の選手のクラブセッテイング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4416457

さらに詳しく調べるにはコチラから

Google
 
[検索の例はコチラ]
・女子プロ 使用クラブ
・女子ツアー ゴルフ場
・飛ぶシャフト ドライバー用
・4スタンス理論
・中古クラブ 激安
宮里藍と女子ゴルフ」の先頭へ